センスを磨くためにはどうしたらいいのだろうか

オシャレなセンスを持ちたい

誰でもオシャレなセンスというのは身についていたら嬉しいものですよね。センスのない人よりも、ある人の方が得をします。ですが、そのセンスを磨くのは、元々持っているものが最低限なければいけない場合もあります。どんなに努力をして勉強したとしても、センスというのはその人の持っているものですので、勉強で身につくものには限界があります。なので直感でできる人とはやはり差がついてしまいます。でも奥底に眠っている才能がある場合もあります。

センスを磨くための方法

センスを磨くには、最低限の言葉などはあらかじめ調べて勉強しておきます。その後は、とにかく色々とセンスが磨けるような刺激のある場所に実際に行ってみます。国内から始めてもいいですし、いきなり海外に行って全く文化の違う所で刺激のある物を見て触って目に焼き付けて、そうしてセンスというのは磨かれていきます。その国の代表的な物だけでなく、庶民が普通の生活を送っているような穴場にも出向き、そしてその生活の中にヒントがある場合があります。

刺激を受けることが大事

そうして、色々な場所のカラー、特徴などを見てセンスを磨きます。そこで自分が好きだなと思った物を自分風にアレンジして、自分の物にしていきます。それが自分の中でのセンスに繋がっていくのです。世の中のセンスある人というのは、それだけ色々な経験をして刺激を受けている人ばかりです。家にばかりいるような人ではセンスにも限界があります。ネットでも色々と見れますが、一番はやはり自分の目で見て触って刺激を受けることです。

インテリアの専門学校を活用することで、家具メーカーやコーディネーターなどの仕事に就く際に大きな役に立ちます。