介護業界に入りたい人必見!実務者研修の基礎知識

受験資格は特にないので誰でも受けられる

実務者研修というのは、介護職員初任者研修と同じように、基本的には誰でも受けることのできる講習です。講習ですから、試験などは課されません。決められたカリキュラムを修了すれば、それで資格がもらえます。座学と実技の二つからなって、座学であれば通信教育等で修了させることも可能です。これらの資格は、一日や二日で取得できるものではありません。介護職員初任者研修は全部で130時間あって、実務者研修は450時間もあるからです。

介護福祉士国家試験の受験資格になる

最近ルールが変わって、介護福祉士の国家試験を受験するためには、先に実務者研修を済ませておかなければならなくなりました。ですから、将来的に介護福祉士になりたいなら、取得をしておいて損はないのですね。いつかは必要になる資格なので、できれば介護職に就く前に取得をしておきたいものです。働きながらだと負担も多いですし、業界に入る時にも役立つものですから、早め早めの受講がオススメできるわけですね。受講料はかかりますが、介護の世界で生きていくなら仕方ありません。

介護の基礎がすべて学べる点が素晴らしい

実務者研修は、これ一つで介護の基本のすべてが分かるものとなっています。何しろ450時間もの講習になるわけですから、現場で役立つ知識も大量に仕入れることができるでしょう。何も知らないままに介護の世界へ飛び立つのと、実務者研修を終わらせてから入るのとでは天と地ほどの違いがあるわけですね。お金と時間はかかりますが、それだけの価値のある資格になっています。他業種から介護の世界へ転職を考えている場合には、大きな助けになるはずです。

実務者研修を受けるメリットとして、日常的な仕事を効率よくこなすうえで必要な知識や技術を習得出来る点があります。