介護職を目指すなら必須!知っておきたい介護職員初任者研修の制度

国や自治体が実施している介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職員として働くために受ける必要がある研修の一つです。これから介護の仕事を始めたいと考える人は関わる可能性が高い制度であるため、詳しく内容を知っておいた方がいいですね。この制度の指針を決定しているのは厚生労働省です。ただし実際の制度の運用に関しては、各都道府県の自治体が担当しています。この制度に関する手続きや相談は、都道府県の自治体窓口が担当している事を知っているといつか役立つかもしれませんね。

研修を受けるため満たす必要がある条件

介護の仕事を始めるなら、介護職員初任者研修を受けるための準備を行いましょう。研修は特別な資格がなくとも受ける事はできます。ただし一定の条件を満たさなくてはならない点に注意は必要でしょう。介護職員初任者研修では年齢制限が設けられていて、16歳以上でなければ研修が受けられません。また本人の力だけで研修をやり遂げる能力があるかどうかも大切です。その他、妊娠中の女性は研修が受けられないため注意したいですね。

研修での行われる具体的な学習の内容

介護職員初任者研修の制度は、正しい介護知識と技術を持った人材の育成を目的としているものです。そのためこの研修では、介護に関する基本的な知識や技術を学ぶことができますよ。この研修で身に付く知識やスキルとしては、介護サービスに関する専門知識やコミュニケーションの技術、さらに認知症や障害など専門分野の知識などが挙げられますね。また介護職員初任者研修では介護の実務研修も行われるため、実践的なノウハウが身につきます。

介護職員初任者研修を受講することで、デイサービスの事業所や老人ホームなどへ転職をする際に役立ちます。