あなたはどっちを選ぶ?カードローンの選択方法

まず見ておきたい金利

借りたお金は返済しなければいけませんが、ただ返済するだけではだめです。業者が指定した金利を付けて返済しなければなりませんので、なるたけ低い方が利用者には有利になります。金利が高い業者としてよく知られているのは消費者金融になり、どこも同じような金利を設定しています。一方銀行は消費者金融よりも低い金利を設定しているところも多く、それぞれに特徴があります。選ぶときは返済のことも考えて、金利に着目することをおすすめします。

借りやすさも重要な判断基準

金利も重要は判断基準になりますが、お金を借りることができないければ意味がない心配事になるでしょう。そこで借りやすさも同時に求めてください。対象となる業者は消費者金融です。審査が柔軟なことで知られており、銀行よりも借りやすいと言えます。ただ銀行も保証会社として消費者金融がバックについたことにより、以前のような審査に対しての厳しさが薄らいでいます。金利が低く、そして借りやすい銀行カードローンもありますので、消費者金融と同時に検討することをおすすめします。

利便性を一緒に求めよう

使いにくければ後悔してしまうことになるでしょう。消費者金融の多くがコンビニATMでも使えることで利便性が高いように感じますが、利用手数料が取られることが多いです。銀行の方は利用手数料無料のカードローンも多くなっています。また会員ページからインターネットバンキングを利用する方法もありますので、そのような点も参考にして選ぶと良いでしょう。せっかく契約をしたのに、利便性が悪く特定の場所でしか使えないことだけは防ぎたいところです。

お金が必要になった際はカードローンの比較を活用して、カードローンを作りましょう。最短即日で作れ、中には一定期間、金利がかからないものもあります。