これで安心!相続税の資金対策について教えます

相続税はいつまでに支払うの?

相続税は、相続が開始したことを知った日の翌日から10カ月以内に申告・納税しなければいけません。つまり、それまでに納税資金を用意しておかなければいけない、ということです。しかも、納税は原則として現金の一括納付。相続財産で上手くまかなえればいいですが、それが無理なら自分で何とかするしかありません。だからといって、申告を怠ってはダメですよ。申告をしないと、後でペナルティが課せられる場合があるので注意しましょう。

納税資金の確保はお早めに

「相続税でこんな大変な思いをするなんて」、中にはそう思っている人も多いはずです。納税資金を相続前から確保しておかなかったのが、致命的でしたね。自分に相続税が発生するかもしれない、と思ったら税理士に相談しておくと安心です。そもそも、あらかじめ納税資金に充てるお金を相続財産から用意できていれば、こんなことにならなかったはずです。なので、相続財産の中に、有価証券や骨とう品、ブランド品などがあれば、相続前に現金化しておくといいでしょう。生命保険を活用するのもいいかもしれません。

納税期限に間に合わない場合はどうすればいいの?

どうしても納税期限までに、資金を用意できない人もいるでしょう。でも安心してください。担保を提供するなど一定の条件をクリアすれば、延納という方法が認められています。延納だと最長20年の分割払いが可能なので、納税額が多い人は助かりますね。とはいえ、延納すらも困難な場合もあるでしょう。そんな場合には、物納といって、不動産や国債で納税することも可能です。物納にも条件があるので、細かな内容は確認しておくといいでしょう。

相続税相談が出来るのは、税務署と税理士事務所だけです。税務署には、一般向けの相談コーナーが常設されています。相続税の申告書の書き方まで教えてくれます。税理士事務所は、初回面談無料のところもあります。