声優になるために専門学校で学べることとは?

初心者でも基礎から学べる!

声優を目指す人が専門学校に行く場合、専門のトレーニングを積んだ人ばかりではありません。まったくの初心者からという人も多くいます。そんな場合でも、発声や演技の基礎から学ぶことができます。しっかりとした発生ができるように体作りをしたり、声の出し方を学びます。演技では声だけでどのような表現をするかについて学べます。また、自分の声の質がどのような演技に向いているのかを知ることも大切です。そのようなことを専門的に学んでいくことができます。

実際に朗読して力を身に着ける!

授業では、実際に脚本を朗読したりします。朗読をすることで、正しい日本語や、日本語のイントネーションを学びます。また、滑舌や表現力も鍛えられます。また、物語にそった朗読を通して、想像力も鍛えられます。演じるキャラクターの感情や思いを正確に伝えるための能力も養われます。また、仲間たちと一緒に朗読をすると、協調性も養われます。プロの現場ではほかの声優さんなど、さまざまな人と関わりながら仕事をしていくので、協調性は大切です。

アフレコで声の当て方を学ぶ!

声優にとって大切な能力として、アニメの絵に合わせて演技するアフレコの能力があります。アニメのキャラクターの動きに合わせて演技するのは、何もない状態よりも技術が必要です。そのための実践トレーニングを、専門学校では受けることができます。アフレコを体験しておくことで、プロになって活動するときにも焦らずに対応できるようになります。声優としての演技力や表現力、マイクワークをしっかりと学ぶことができる授業です。

声優の専門学校では声優になるための発声や発音などの演技力や基礎知識を学ぶことができ、授業内容や料金は各養成所で異なります。