相続税の申告を税理士に頼むおすすめのコツ

実績が豊富な税理士を探そう

相続税の申告を税理士に頼みたい場合、どのような基準で税理士を探せばいいかというと、まず相続税の申告代理の実績が豊富にある税理士を探すことです。申告実績が多ければ申告の要点を理解しているので申告がスムーズに進みます。次に相続財産である土地の評価額が相続税の納税額に大きく影響するため、土地や株式などの財産の評価方法に詳しい税理士がおすすめです。さらに相続税を申告した場合、税務調査が行われる場合があるので、税務調査に十分対応できる税理士が望ましいです。

相続税の専門税理士がおすすめ

他にも相続税の申告をするための税理士を探す基準のポイントとしては、事務所や法人に実績ある専門税理士がいて相続税法や関連の政省令、通達などに精通している事務所がおすすめです。また節税対策は時には違法性を帯びてしまう場合があるので、節税対策の安全性を常に法令などで確認している事務所が安全です。さらに相続対策全体で節税や納税対策を考えるのが望ましいので、すべての財産について相談できる安心感がある税理士事務所を選ぶことが大切です。

税理士の人間性にも気をつけよう

相続税を申告する場合は、申告するだけでなく遺産の分割についてもめたりする場合があるので、相続関係の弁護士や司法書士などの専門家人脈がある税理士を探すのが尚いいです。遺産相続はどうしても争いが起こってしまうことが多いので、依頼する税理士には申告する際にも家族の人間関係などに十分目を配り気配りのある人間性が求められます。このような視点から相続税の税理士を探してみると、相続税の申告がスムーズに行われるだけでなく、遺産争いなども最小限に抑えることができます。

相続の申告を税理士に任せることで、税金の手続きを正しく行うことが出来、リスクの回避につながることがあります。